独立支援知恵袋

  • 質問日時:2013年1月5日 02:04
  • 解決日時:2013年1月9日 14:53
質問

IT関係に精通している方に質問です。IT系のベンチャーを立ち...

IT関係に精通している方に質問です。IT系のベンチャーを立ち上げて起業したいと考えている大学生です。自分の中でやりたいこととアイデア、それを売り込むためのマーケティングからなにから入念に準備をしています。しかし、よく起業したい学生にありがちなアイデアはあるけどそれを実装するだけの技術がないという状態です。そこで共同でサービスをローンチするエンジニアの方を探そうかと思っているのですが、いかんせん今のままではそういったスペシャリストの方と対等に交渉をするだけのIT関連の知識が乏しい状態です。自分でプログラミングができなくても良いのでエンジニアの方と対等に自分の思考を言葉として具現化して伝えられるだけのコミュニケーション能力を身につけたいのですが、どのようにそういったレベルに持っていくのが近道なのでしょうか?また先日こんな記事を読みました。一部を抜粋します。「起業家や新規事業担当者がエンジニアになる必要はありません。でもエンジニアにならないにしても、最終サービスまで自力でできるかは別として、「自分の考えを素早くプロトタイプなどの形にする」スキルは超初心者でも十分習得可能です。最終的にはエンジニアを雇ったりすることにはなるとおもいますけど、そこに至るまでの道を自力でつくる、早く安く作るということに挑戦することがとても大事です。この文章における自分の考えを素早くプロトタイプなどの形にするとはどういうことなのでしょうか?また、これを行うための近道としてどのような勉強をすればいいのでしょうか?こういった疑問点を踏まえて色々とアドバイスいただけたらと思います。よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

ベストアンサーに選ばれた回答

どうも。もう一人の回答者の方、すごいいいこと言ってますね。経験豊かな方ですな。>必ず必要であるという解釈で間違いないでしょうか?それにより、成功の確率がまったく変わります。ですので成功して頂きたい私としては、必須です、となります。>ウェブサービスを作る際の実装と設計とは具体的にどのようなものなのか実装というと、何かしらの”機能”をプログラムで作ることを言います。通常は、その機能が集まってひとつのサイトとなります。設計とは、サイトの目的を決め、それを達成するための機能を決め、それらがその目的を果たすために、どういう情報を必要とし、それがどのような形でDBで保持され、呼び出され処理させるのかを・・全体で矛盾が出ないように”最初に”決めることです。ウェブサービスは、究極的には情報処理装置(インターフェイス+データベース)を他人に使わせてあげることが商売ですので、その情報処理の振る舞いを自分で把握できている・・決められることが重要だということになります。ただ、それには、自分で作れる程度の技量は必要になるという矛盾的な展開になるわけです。事業計画からその設計目的に見当を付けることは、技術に加え、経営の領域に近くもなりますので、難しいところですね。これを・・いちいち他人であるエンジニアに伝え、決めてもらって調整して・・と考えると気が遠くなりませんか?実際のところ、一般的な開発期間の半分は、何をどうやるのかを決めて設計に落とす期間で消費されてしまうのですが、開発期間は=コスト・・IT系創業におけるリスクそのものです。ですので、それはヘッジするようにした方が良いですよね、と1番目の問いに戻ります。余談ですが、エンジニアは設計を理解できている人と仕事をするのが楽(・・話が早い)と知っているので、パートナーにしても見つかりやすくなります。私は現在、それを理解していない方にお金を貰って仕事をしていますが、ストレスで発狂しそうです。マジで抜け毛が増えましてリアップ買いました。 ID+やほーメールで連絡いただけますので何かありましたらお気軽に。-----------精通しているのかは分からないですが、私はIT方面の創業案件に限って開発でお付き合いしたりしています。質問の趣旨に対してピンポイントで回答すると、有効な方法は、質問者様が自分の実現したいアイディアを自分で作れるように勉強することです。「自分の考えを素早くプロトタイプなどの形にする」も、要するにこれを言っています。エンジニアに自分の具現化したいものを伝えるにしても、アプリケーション設計、RDBの概念が分かっていないと何も伝えられません。それに必要な技量は、「自分の考えを素早くプロトタイプなどの形にする」こととほぼイコールになります。大きな違いなので指摘しておきますが、実装するだけの技術がないのではなく、設計する技量が無いことが困難の原因です。(実装と設計はまったく別フェーズです。)近道・・道筋としては、トッドインストールなどのハウツーサイトで、素晴らしく丁寧に・・動画で「自分の考えを素早くプロトタイプなどの形にする」までをコーチしてくれたりしていますので、それをやってマスターすること。質問者様は、市場に出て失敗するプロジェクトより、世に出る前に消えていくプロジェクトの方がたくさんあることを知らないと思いますが、結局の原因は、自分の製品を自分で作れないことが原因です。それを防ぐには、自分で作れるようになるというのがもっとも確実かつ、現実的な、簡単な方法だと思います。ドットインストールみたいなサイトを片っ端からバカみたいにやってみればいずれ出来るようになるのに、ほとんどの人は白馬の王子様を探すことに必死になってしまう。そのような行き止まりからどうやって抜け出すのかは個々のセンスだと思いますが・・ITで事業をやりたいと言う割りには、ほとんどの方が自分で技術に触れるのはどうも嫌なようです。笑スペシャリストの方と対等に交渉をする・・だけなら、何をカードに出せるのか・・なので技術はいらないと思いますが・・、例えば十分な報酬があれば、貴方様の頭脳の代わりになってくれると思います。


Webサービス by Yahoo! JAPAN